fc2ブログ

八賢伝-衣裳パレード②

               第9回鳥取県総合芸術文化祭(とりアート2011)メイン事業『八賢伝』

昨日(10/1)に続き、衣裳パレード2日目。

朝から衣裳を着込み、ヘアメイクを行いました

わいわい、がやがやと、とっても楽しい雰囲気の中、作業は続きます

チームワークの良さは抜群  最高のお芝居が生まれそうな予感

着付けが終わり、ヘアメイクを済ませると、一気に役者の顔へと変身

まるで別人です。

だんだんと演じる人物になっていく様子を、そばで見ていると不思議な感覚を覚えます。

役者のみなさま、とっても、素敵です

さて、本番はどんな衣裳に身を包んだ役者が登場するのか、

今から本番が待ち遠しいです

衣裳、そしてヘアスタイルにも、ご注目の『八賢伝』

いよいよ来週、本番を迎えます

衣裳パレード②縮小版 衣裳パレード④縮小版
  ↑バタバタと準備中の衣裳ヘアメイクの様子をこっそり、お見せします↑


公演情報はコチラ⇒

とりアート2011メイン事業
八賢伝』~「音楽」×「演劇」で再びよみがえる里見伝説

江戸時代の初め。安房の大名だった里見安房守忠義は、伯耆国・倉吉に国替えとなった。その後、忠義は二十九歳の若さで亡くなり、八人の家臣が殉死。全員の戒名に「賢」の字があることから、八賢士と語り継がれている。

忠義終焉の地、関金の堀村では殉死した家臣を祀る六人塚がある。なぜ家臣の数が八人ではなく六人なのか。堀村に残る「アワノカミサマ」と忠義の関係は?

堀村に移り住んだ後の忠義の無念の死と家臣たちの殉死、そしてその二十五年後までを描く。現代人が忘れかけている「まことのこころ」を追い求めた八人の侍たちの物語。




スポンサーサイト



公益財団法人 鳥取県文化振興財団
〒680-0017 鳥取市尚徳町101-5とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)内
TEL(0857)21-8700 / FAX(0857)21-8705

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Copyright © 【鳥取県文化振興財団】事業のブログ All Rights Reserved.